メニュー

歯科口腔外科(親知らずの抜歯・顎関節症)

img20口腔外科という科についてご存知ですか? 歯科口腔外科で治療する内容は、お口の中や顔の外傷の治療、親知らずなどの難しい抜歯、顎関節症などがあります。 当院では、ケガや病気に対する適切で安全な治療はもちろんのこと、歯科用CTといった精密な検査に対応できる設備や、口腔内カメラなどの説明アイテムを揃え、万全な体制で治療にあたります。

親知らず

親知らずは、正しい位置に生えている場合は、無理に抜く必要はありません。しかし真っすぐ生えないと、他の歯にも悪影響を及ぼすため抜歯の必要があります。根っこが曲がっている歯、骨に潜っている歯、横に倒れこんでいる歯といった難しいケースも、CTで立体的に確認することで、適切かつ安全に処置します。

顎関節症

「お口が開きにくい」「開けるときに痛い」「関節から音が鳴る」このような症状がある場合、顎関節症を疑いましょう。 噛み合わせ、歯ぎしり、精神的ストレスなど、 顎関節症にはさまざまな原因が考えられます。当院では開口量測定やCTを使用した精密検査といった、多方面からの診査を行い総合的に判断し、患者さまに合わせた最適な治療法をご提案します。

歯科用CTを活用した精密な治療

親知らずの抜歯や顎の骨の状態を診査する場合など、お口の状態を正確に把握するために歯科用CTによる撮影・分析を行います。精密な診断を行うことでより安全に施術し、患者様のお口への負担を軽減することができます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME